読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Magnolia The Beaute

美容情報あれこれ

マツエクをしながら健康なまつげを維持する方法

f:id:h_beaute:20161001003145j:plain

美しい目元をつくってくれる「まつげエクステ

化粧の手間も軽くなり、つけまつげよりも自然な目元になるとあってすっかり定番化した美容メニューですよね👀✨

そんなまつエクも、活用の仕方やケアの方法を間違えると、自まつ毛や皮膚が傷んでしまうこともあります。
また、髪の毛に比べてまつげは本数が少ないので、傷んだり抜けたりすると気になりがち。ちなみに日本人のまつげは上まつげだけだと平均200本前後。髪と比べると、まつげの方が圧倒的に少ないのです。だからこそ、大切にしたいものです。

よく聞かれるのが‥
まつげエクステによってまつげは傷むの?
まつげエクステで傷む原因のひとつに、「無理やり自まつげからエクステを剥がし取ることで、キューティクルを傷めてしまったり自まつ毛ごと抜けてしまう」ということが考えられます。

自分で剥がし取る方法は、まつげにとってよくありません。

サロンで行うリペアやオフの際は専用のリムーバーを使って丁寧に行うのはそのため。

オフの仕方ひとつで、まつげの傷みは大きく変わってきます。

まつげの構造って?
毛はケラチンというタンパク質からできていて、外側から順にキューティクル(毛小皮)、コルテックス(毛皮質)、メデュラ(毛髄質)という3層 に分かれています。

外側にあるキューティクルは、ウロコ状になってきれいに並んでいると、艶のある健康なまつげになります。このキューティクルがはがれて ボロボロになってしまうと、まつげの内側のタンパク質や水分が失われてしまい、裂けたり切れ毛になって傷んでしまうのです。


まつげを傷ませないためには?
まつげも髪の毛と同じだと考えましょう。髪の毛にトリートメントをするのと同様に、まつげにもトリートメントをしてあげることによって傷みを防いだ り、傷んでいる部分を補修することが期待できます。

さらに、ヘアケアには毛先だけでなく、頭皮のケアが必要なのと全く同じで、目元の毛穴ケアもとても重要です。

 

次回は自宅でできる!まつげの基本ケアをご紹介します!